京焼

京焼きょうやき

京都で焼かれる陶磁器の総称。
初期のものは古清水や粟田など総括的ですが、
後期は作家名で呼ばれます。
はんなりとした華やかさをもち、中国風あり、
青磁、白磁、唐津風、瀬戸風、信楽風・・・
といったように多様性と各窯の良いところを
取り入れた意匠美が特徴。
茶の湯用として最初に造られた楽茶碗は楽焼と呼ばれる京焼です。