唐津焼|茶碗

唐津焼

唐津焼(からつやき)
東の瀬戸に対し西の唐津といわれる茶碗界の寵児。古くから朝鮮との関わりが多いこの地では、大陸から多くの陶工がやってきて焼き物をつくっていました。唐津焼は、その土の味わいに特徴をもち、失透明性の青、赤、黄の釉薬による侘びた風情が茶人に珍重されています。中でも、「絵唐津」「斑唐津」「朝鮮唐津」が代表的。