織部焼|茶碗

織部焼

織部焼(おりべやき)
桃山時代から江戸時代にかけて美濃で生まれた施釉陶器。中でも、武将茶人・古田織部が指導し作らせたのが織部焼きで、自由奔放な形や文様など斬新な作風が魅力。「鳴海織部」「総織部」「青織部」「黒織部」「赤織部」などがあります。