瀬戸黒・黄瀬戸|茶碗

瀬戸黒・黄瀬戸

瀬戸黒・黄瀬戸(せとぐろ・きせと)
隣接する瀬戸の窯で焼かれたものと思われてきた名ですが、桃山時代に美濃で焼かれたのが最初です。瀬戸黒は、天正黒とも利休黒ともよばれ艶のある黒釉肌。黄瀬戸は黄釉を用いた淡黄色に胆礬という緑釉薬が施されています。