信楽焼|茶碗

信楽焼

信楽焼(しがらきやき)
滋賀県信楽町に鎌倉時代から続く窯。火色や灰被り、焦げといった窯変を身上とし、桃山時代の茶陶で名高い焼き物です。信楽焼の特徴は「焼き物は信楽に始まり信楽に終わる」といわれるように、使って初めてその魅力がわかることです。千利休がつくらせた茶器から、普段使いのものまで、素朴で深い趣が味わえます。