志野焼|茶碗

志野焼

志野焼(しのやき))
志野焼はもぐさ焼きともいい、手作り風の厚手で大振りな茶碗が多いのが特徴。茶陶では、焼成によってできる薄紅色の火色や貫入を鑑賞します。模様のない「志野」にはじまり、「鼠志野」「赤志野」「紅志野」、そして、野原土の上に鉄粉で絵を描き、上から志野釉をかけた「絵志野」が有名です。