香合

香合

香合
茶の湯では、禅寺で使う香のしきたりを取り入れて香を焚きます。その香入れる器を香炉といいます。風炉には漆器や堆朱、蒔絵など木製のもの、炉には陶磁器など焼き物をつかい、また、貝類、金属類、象牙などは両用です。